長期?短期?

留学について考える時、重要なポイントとなるのが「期間」です。留学には大きく「長期留学」と「短期留学」という2つの種類があります。それでは、どこからが長期留学で、どこまでが短期留学なのでしょうか。そして、それぞれにどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

長期留学と短期留学を分けることになるポイントは「特別ビザ」が必要であるかどうかの違いです。短期留学というのは、留学ビザを必要としない、つまりは観光ビザで滞在することができる期間内で勉強を行うもののことを言います。このビザの期間については国によって違いがあるため、事前に確認をしておかなければなりません。

それでは、まずは短期留学の場合のメリット・デメリットについてです。上記の通り、ビザ取得に関する手間が少ないのが一つ目のメリットとなります。さらに、現地での生活費も少なくて済むため、比較的お金をかけずに留学ができます。デメリットとしては、言葉になれ始めた頃に期間が終わってしまう事が挙げられます。

次に長期留学の場合のメリット・デメリットについてです。メリットはじっくりとその現地で勉強をすることができるという点で、デメリットはかかるお金が大きくなる、という点です。

英語を学ぼう

それではまず、語学留学を行う場合のポイントについて紹介します。語学留学を行う際、重要なポイントとなるのは「日本語で会話できる場所があまりない」ということです。せっかく国外にまで留学をしにいっても、周囲に日本語を使える場所が多く、英語や他の言語を使う機会が少なくて済むのであれば、留学の意味があまりないのです。そういう意味では、日本の友人なども現地にいない方が勉強の効率としては高くなる場合が多いでしょう。必要に駆られることによって、語学留学の効果を高めることができるのです。

では、留学中の英語の勉強を行うことによって、実生活ではどのようなメリットがあるでしょうか。最初にも述べたとおり、日本国内では日本語が利用される場合が多く、英語をしっかりと話すことができるという人はあまり多くありません。学校教育では習っているものの、使えるレベルまで習得している人はほんの一握りです。

今後、東京オリンピックや加速するグローバル化により、英語を使う機会というのは現在よりも増えていくことが考えられています。そういった中で英語を扱うことができるのであれば、需要の高い人間となることができるでしょう。指標としてTOEICなども利用できます。

セブ留学をしよう

国内で勉強をするのと、国外で勉強をするのでは、どのような違いがあるのでしょうか。実際、勉強をするために国外にいく「留学」というのは幅広く行われています。大学などの取り組みで留学を行うと言う人もいれば、個人でスクールに入学して留学を行う人も少なくありません。留学のメリットが何か、ということについてまずは考えてみましょう。

わざわざ国外に留学をすることの大きな意味は、環境の違いによって勉強の進行度に違いが出る場合があることです。留学の中でも特に良く行われるのが語学留学というもので、これは現地の言語を学ぶための留学を行うというものです。国内にいるとあまり意識することはないかもしれませんが、日本国内というのは日本語以外の言語がほとんど使われていません。言語が統一されている上に、単独民族であるため、語学の幅が少ないためです。国内でも外国語を勉強することができる場所がないわけではありませんが、本当の意味での「ネイティブ」に出会うことはあまりありません。そういった環境では、言葉を学ぶのには適していないことは間違いないでしょう。

それでは、語学留学を行う場合、どのような場所に留学を行うのが良いのでしょうか。この時ポイントとなるのは、学びたい言語です。例えば英語を学びたい場合、アメリカ留学やイギリス留学、セブ留学などの選択肢があります。フランス語ならばフランスやその周辺国などが選択肢となるでしょう。では、留学について詳しく紹介します。